untitle db log

 

2017.5.5 連作短編 『裏庭のバジル』 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 new











-- 続きを読む --



 

実梅の出荷作業が全て終わったら、梅樹に肥料をやって体のメンテナンスをして外食をして人間性の五割を取り戻して曲を作って原稿を書いて惰眠を貪って人の幸福が食事と感受であることを確かめてゲームセンターの猥雑な音に酔ったあとにタコ焼きを食べてーーこうしてスマートフォンで駄文を書き連ねながら歯磨きを三度も繰り返す必要があるのかと自問する今夜、このひと時に興奮で眠れないはずはなく、横になって目を閉じてそのまま呼吸を続ければ良いだけのことでーー「そのとき君はいつもと変わらず眠りながらにして死んでいるのだ、ひとりっきりで。そうしていつか君のご祖母が自宅の床に倒れて呟いたように『どうせ、こうやって死んでいく』のだ。もちろん、それは諦めではない。弱さではない。生きた者の持つ、死に爪を立てる強さだ。君もやってみれば良い。死を嘲って毎晩目を閉じれば、あとは明日も静かに必ず何処かで目覚めるだけだ」ーーこの科白を音楽や小説に生かして、今年から『農ジム』と称して農作業を体づくりの好機と考えることにしてイヤモニの送受信機を買ってギターを買ってアコギのストラップを買って家中を歩き回りながら曲を作って、こうしている間に失われる睡眠時間は、この投稿記事の尊い犠牲となったのだから良しとして。
そんな今夜です。







 



このサイズの実梅を収穫できる時期が来ると、体力は別として、気力だけは3割ほど回復します。







 



納屋の屋内です。
実梅の選別台を一台増やしてみて、作業スペースとしての机や台の重要性を再認識すると共に、作業中に取るべき体勢と自分の呼吸との関係性を思う今日この頃です。







 









 

アニメ 「風が吹くとき」 [日本語吹き替え版] 【1986年制作】







 



2個の実梅です。果皮の接面に沿ってナイフの刃を入れてみれば実梅の中身の状態を目で確認できるでしょうが、どうも見たところ、個々の果肉が一枚の果皮で覆われているようです。

なにこれ?「双子」の果物や野菜がかわいい!(´∀`*) - NAVER まとめ