untitle db log

 

実梅の出荷作業が全て終わったら、梅樹に肥料をやって体のメンテナンスをして外食をして人間性の五割を取り戻して曲を作って原稿を書いて惰眠を貪って人の幸福が食事と感受であることを確かめてゲームセンターの猥雑な音に酔ったあとにタコ焼きを食べてーーこうしてスマートフォンで駄文を書き連ねながら歯磨きを三度も繰り返す必要があるのかと自問する今夜、このひと時に興奮で眠れないはずはなく、横になって目を閉じてそのまま呼吸を続ければ良いだけのことでーー「そのとき君はいつもと変わらず眠りながらにして死んでいるのだ、ひとりっきりで。そうしていつか君のご祖母が自宅の床に倒れて呟いたように『どうせ、こうやって死んでいく』のだ。もちろん、それは諦めではない。弱さではない。生きた者の持つ、死に爪を立てる強さだ。君もやってみれば良い。死を嘲って毎晩目を閉じれば、あとは明日も静かに必ず何処かで目覚めるだけだ」ーーこの科白を音楽や小説に生かして、今年から『農ジム』と称して農作業を体づくりの好機と考えることにしてイヤモニの送受信機を買ってギターを買ってアコギのストラップを買って家中を歩き回りながら曲を作って、こうしている間に失われる睡眠時間は、この投稿記事の尊い犠牲となったのだから良しとして。
そんな今夜です。







 



このサイズの実梅を収穫できる時期が来ると、体力は別として、気力だけは3割ほど回復します。







 



納屋の屋内です。
実梅の選別台を一台増やしてみて、作業スペースとしての机や台の重要性を再認識すると共に、作業中に取るべき体勢と自分の呼吸との関係性を思う今日この頃です。







 









 

アニメ 「風が吹くとき」 [日本語吹き替え版] 【1986年制作】







 



2個の実梅です。果皮の接面に沿ってナイフの刃を入れてみれば実梅の中身の状態を目で確認できるでしょうが、どうも見たところ、個々の果肉が一枚の果皮で覆われているようです。

なにこれ?「双子」の果物や野菜がかわいい!(´∀`*) - NAVER まとめ







 



実梅の収穫を始めて1週間ほど経った今日、6月1日の僕の心境を捉えた撮影画像です。




-- 続きを読む --



 

IMG_20170513_215527.jpg
姪が立体的な構造に感心を持つらしく、積み木が面白いと言います。
姪が音楽づくりに興味を示したら、音符の一個一個をバラしてその音楽の構造の立体性を見聞きするように――と、ちゃぶ台をひっくり返して、湯呑を畳に置いてからギターを弾きたいです。







 


Fractal Audio Axe Fx II XL + - Unboxing - Demo


My Guitar rig AXE FX 2

ギターアンプシミュレーターを比較してみた ! ~その2 Fractal Audio VS Kemper VS 生アンプ~ | DTM Review


16分音符で延々とギターの一個の音を弾き続けていると、そのうち、拍子の表裏のどちらを弾いているのか分からなくなってきます。ちょうどゲシュタルト崩壊に似た症状でもあるようですが、そんなときに思います――考えるな、手と耳で演奏しろ。

美空ひばり嬢いわく、『500回の練習と、1回の本番』です。







 



手作りの移動式の壁二枚(合わせて70㎏)と、取り外しのできる吸音材です。
両面テープで張り付けないといけないものと考えていましたが、壁の表面に張ったパンチカーペットと吸音材が(どういう原理によるものか正しくは分かりませんが)吸い付き合っていますので、接着テープは要りませんでした。吸音材は、残り8枚。
この壁の配置の良し悪しの判断がまだ付きませんが、声の残響音が壁に吸収されてはいるようです。録音時の調音を気にしなくて良いのであれば、簡易的な壁とその壁の設置場所の変更によって、ある程度の吸音効果は得られそうです。――歌い手を壁で囲っておく必要があるなら、あともう一枚の側壁づくりにくわえて天井壁をどうするか。(前方の側壁は無しにする
このまま上手く眠れそうなので、今日はここまで。